ペットの役立つ知識

合わせてどうぞ

犬が飼いたいけれど、どこのお店も価格が高くで、どうにもハードルが高い。犬や猫は価格が少しお高めであることでも有名ですよね。生き物なんですから、価格が高くなってしまうのは仕方のないことですが、その金額があまりにも高すぎると少し考えてしまったりもします。もちろん、犬を飼うにあたってはそれなりの経済力や環境は必要とされます。きちんと世話が出来るか、食べさせていくことが出来るか、とか飼う前にはいろいろを考えさせられるものがありますよね。

 

しかし、いくら経済力があって、環境に関しても問題がなかった場合に関しても、初期費用というものは安いに越したことはありません。そんな時にオススメするのがペットショップです。有名なペットショップは現在全国でチェーンを展開していて、海外にも事業を始めている注目のペットショップなんですが、全国にネットワークを持っているだけあって、価格が他店と比べてもとってもお安めなんです。

 

これならば初期費用を抑えたい方や、予算がカツカツな方もで安心して購入することが出来ますよね。「確かに安いけど、ワンちゃんの方は大丈夫?」その点に関しても問題はございません。専属の獣医さんがいることに加え、長年の経験を駆使して、子犬の管理に関しても抜かりなくしているみたいです。安いけれど、子犬の生体管理だって万全!これならば安心して購入することも出来ますし、しかも他店に比べて価格も安いのですから一石二鳥ですよね。

 

大体、ペットショップともなると、子犬はしっかりと衛生面でも管理をされているけど価格が高かったり、逆に価格は安いけれど子犬の管理がずさんだったりと言った二極化は非常に顕著に表れていましたが、ペットショップに関してはその二つの問題を見事解決しているんですから凄いですよね。価格にも、管理面でも自信を持っているペットショップが他でもないペットショップです。これから犬を飼おうと考えている方は、まずこちら色々と情報収集をしてみてはいかがでしょうか?

何か飼う予定がなくても、ペットショップのようなペットショップに行くのって結構楽しいものなんですよ。いわゆる、見ているだけで楽しい、というやつですね。ガラス窓の向こうでよちよちと歩き回る子犬や子猫を見ているのはとっても可愛いと思ってしまいますし、癒されたりもしますよね。また、既にペットを飼っている方でも、ペット用品を歩き回りつつ、ペットが気に入りそうなグッズを探すのも楽しいですよ。ペットがいる人でも、ペットがいない人にでも楽しめるお店がペットショップなんですね。

 

暇なときにふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?ペットショップでも日々様々な仕入れをしているので、この前はなかったけれど、今日行ってみたら新しいペットグッズが入荷されていた、なんてこともあるかもしれませんよ。同様に、ペットフードに関しても日々ニューアイテムが入荷されているんです。ペット専用のふりかけやスイーツなどの「これって本当にペットフード?」と疑ってしまうようなクオリティのペットフードが勢ぞろいです。

 

スーパーやコンビニでペットフードを買おうと思うと、バラエティも少ないですし、値段も少々お高めだったりしますよね。しかしこのようなペットショップともなると、やはりペット専門店と言うだけあって数も種類も豊富。お取り寄せだって当然出来てしまいます。ペット専用のジュースなんて買ってみてもいいかもしれませんね。選ぶだけでも楽しくなってしまうのがペットショップの醍醐味でもあります。

 

動物だけに目を向けるのではなく、一緒に併設されているペット用品コーナーにも目を向けてみると今以上にお店に行くのが楽しくなってきますよ。犬のペットフードだけで挙げてみても、成犬用、老犬用、小型犬用、大型犬用、中型犬用と大きさや年齢に合わせたフードがあるので、愛犬にぴったりのペットフードを選ぶことができます。また、値段の方もスーパーやコンビニよりずっと安くてお得なので、利用しない手はありませんね。

このページではトリミングについて書いてみたいと思います。「トリミングって言っても洗うだけなら簡単じゃない?私でもきっと出来るよ」確かに洗うだけと言えばとっても簡単に聞こえるかもしれませんが、意外にもそんな簡単な話ではないんですね。トリミングに楽な作業はありません。どれもこれも一つ一つを丁寧に行っていかなくてはいけません。シャンプーもカットも、やり方を違えば愛犬にとんでもない怪我をさせてしまうことだってあるんですから、簡単だからという安易な先入観で挑戦してみることは厳禁ですよ。

 

「カットみたいにハサミを使わないのに、怪我なんてするの?」何もハサミを使わないから怪我をしないわけではありません。洗い方間違ってしまっては、愛犬の内臓や骨に何らかの悪影響を与えてしまうかもしれません。特に、小型犬は体が小さく、その分骨の細くてもろいのです。人がちょっと力を入れてしまえば簡単に折れてしまうもろさがあるので、小型犬を洗う場合にはとっても注意が必要ですね。

 

また、初心者の洗い方には穴があることが多いので、完璧に汚れが落とせない場合もあります。確かに、汚れの目のつく部分を重点的に置いて洗えば、目につく部分だけは綺麗に洗い落とすことは出来ます。しかし、普段はあまり目に入れない足の裏や、腹回り、お尻付近は、意識して洗わないとうっかり忘れてしまいます。特に足に関しては散歩の際には一番使っている部分なので一番汚れています。

 

忘れないように念入りに洗ってあげてください。また、ここで利用するシャンプーについてですが、これはきちんと犬専用のシャンプーを使ってあげてください。面倒くさがって人間が使っているシャンプーと同じものを使ってしまうと、愛犬の地肌が荒れてしまう可能性があるんですね。人間用のシャンプーは人間が使うように作られているので、当然ですが犬には適していません。少し面倒に感じてしまうかもしれませんが、ペットショップのおすすめとしてはここは犬に適した犬専用のシャンプーを買うようにしましょうね。

トリミングをしているトリマーさんってとっても上手にシャンプーやカットをされていますよね。トリミングされているわんちゃんの方も、暴れることも吠えることもなく大人しくしていますし、きっと腕が良いからわんちゃんの方も信用して体を委ねているのかもしれませんね。トリマーさんはまるで出来て当たり前といわんばかりの鮮やかな技術でわんちゃんをシャンプーしていますが、資格も持っていない初心者がいざシャンプーをやってみるとこれが中々大変なんですよね。まず、どの犬も、シャンプーをする準備を始めたら、一様に警戒するんです。

 

犬は元来勘の良い生き物ですから、いつもとは違う雰囲気を無意識に感じ取っているんでしょうか。そしていざ洗おうと水を向けたら一目散に逃げ出そうとするんです。これは有名ですが、犬も猫も水が大嫌いですよね。濡れて気持ち悪くなった体毛が嫌なんでしょうか?水で体を濡らして、シャンプーで洗い始めた頃になると、既に諦めてしまったのか、ぐったりとした目で大人しくしていますが、やはりあまり楽しいものでもないんでしょう。ペットショップにも甘えん坊なワンちゃんがいっぱいいますよ。

 

しかしながら、トリマーさんがシャンプーしているわんちゃんはあまり嫌そうな顔をしていませんよね。「まあ、いっか」と思わせるような表情で特に嫌悪感を露にすることもありません。やはり、シャンプーをするのには、何らかのコツがあるのかもしれませんね。

 

もしくは、トリマーさんがシャンプーする手に何か秘密があるのかもしれません。自宅で洗うとなると、とにかく何か洗っとけといわんばかりにガシガシと洗ってしまいますが、トリマーさんの洗い方はマッサージに似ているものがあると思います。やはり勉強をして資格を取っているだけあって、テクニックの玄人並なんですね、一般人ではうっかり見落としてしまいそうな汚れだって難なく落としてくれそうです。自分の手で愛犬を洗うのもいいですが、たまには専門のトリマーさんに依頼して洗ってもらうのも良いと思いますよ。

人だって、髪の毛が伸びすぎたら美容院でカットしてもらうように、犬だって毛が伸びてきたらサロンでカットしてもらわないといけません。「毛が長い方が可愛いじゃない」とおう考えをお持ちの方もいるかもしれませんが、あまりにも伸びすぎた体毛はデメリットにしかなりえませんので、伸びてきたかな?と思ったら早めにトリミングをしてもらうようにしましょうね。では、実際に毛が長すぎることで生じる弊害って何でしょうか?

 

犬は全身が体毛に覆われているので、そのまま放置して伸ばしていると、毛の量と重さが増えてしまって体が動かしづらくなってしまうんです。また、自分の毛を踏んづけてつまずいてしまうことだってありえるかもしれません。あまりにもそして、伸びすぎた毛は害虫の温床になりやすいのです。犬の害虫といえば、ノミやダニがその代表例としても挙げれれますが、伸びきった毛には害虫が侵入しやすく、そして住みやすいのです。

 

ペットショップでも気を付けているのですがこうなってしまっては、愛犬にも害ですし、家にもノミやダニを持ち込むことになってしまいます。これらの害虫が原因になって病気が発症する可能性だってあるので、害虫が住みにくいように、毛は短くカットをした方がいいですね。また、長すぎると泥などがつきやすくもなります。これが簡単に綺麗に出来ればいいんですが、毛と毛同士が絡みあって上手く汚れが取れなかったりもするんです。

 

また、長い毛は絡んでぐちゃぐちゃになってしまうこともあるので、やはり伸ばしすぎは厳禁ですね。短くカットした方が体も身軽になりますし、害虫だってつきにくくなりますし、毛が絡むことも、自分の毛を踏んでこけてしまうことだってありません。何より、すっきりして良いので、最低でも冬の終わりにはトリミングをトリマーさんにお願いしてみてはいかがでしょうか。それに、何よりも長くて一番困るのは他でもない愛犬なのですから、出来るだけ快適に過ごして欲しいものですよね。

「自宅でシャンプーは出来そうだけど、カットのトリミングはちょっと難しそう」確かに刃物を使うんですから、少し不安に感じてしまいますよね。水はシャンプーは、愛犬が嫌がってはいても、傷つくことはありませんが、ハサミを使ったカットともなると、そういうわけにもいきません。しっかりと愛犬を押さえておかないと怪我をしてしまう可能性だってありますし、手元が全て肌を傷つけてしまうことだってあるかもしれません。

 

なので初めてカットに挑戦する場合は非常に勇気が必要となってくるんですが、あまりにも緊張をしてしまうと、その緊張が愛犬にも移ってしまうので気をつけましょうね。また、カットをする前には、専門の雑誌で予習をしてみたり、ネットで写真や動画の解説を見ながら勉強をして挑むようにしましょうね。自分の勘に任せてしまうことほど無謀なものはありません。

 

ペットショップにいらっしゃるお客様とお話しをしていると自分のセンスに任せて可愛くしてあげたい気持ちは十二分に分かりますが、始めのうちは、お手本や説明を参考にして、確認しながら少しずつカットをするようにしましょうね。思いっきりきったらどんでもないところまで切ってしまった、なんてことに成りかねません。

 

愛犬だってお人形さんではありません。好き勝手にカットされて一番困るのは愛犬なんです。無難な方法は、やはりトリマーさんにトリミングをしてもらうのが一番で確実で、そして正確です。怪我をする心配もありませんので「無理だ」と思ったら迷わずトリマーさんにお任せしましょう。自分でやってみて成功すれば良いですが、失敗してしまっては修復は不可能です。

 

あまり手先に自信がない方は、変なチャレンジ精神を見せずに、愛犬のためにもサロンに連れていってあげてください。あるいはカットしているトリマーさんを観察しながら、どんな風にカットをしているのか勉強にするといいかもしれませんね。興味を持っていれば、トリマーさんからアドバイスをしてくれるかもしれませんよ。

トリミングは元々は愛犬の健康や清潔さを保つためのものですが、やっぱりお洒落さや可愛さにだってこだわりたいですよね。そんなお洒落思考の方のためにも、お洒落さを重視したサロンも現在ではたくさん存在しますよ。贅沢なアロママッサージ、健康な薬用シャンプー、ふと目を惹くネイルアート。可愛い耳に編みこまれたウィッグなどなど、普通の美容院でも当たり前のようにやっていそうなトリミングがたくさんあるんです。

 

可愛い可愛い愛犬には、やっぱりもっともっと可愛くなって欲しいと思ってしまうものです。今まではちょっと距離を置いていたけれど、一度くらいは挑戦したみたいな、なんて思っている方ももしかしたらいるのではないでしょうか?過度なお洒落はちょっと成金みたいに見えてしまうもしれまえんが、ちょっとしたアクセントとしてお願いしてみるのは全然悪いことではありません。ペットショップにもご相談いただくケースがよくあります。

 

むしろ、それほどまでに愛犬への愛情があるということなんですから胸を張って堂々としていればいいんです。サロン側も、犬に施しても危険ではない範囲で提供をしているので、危ないなんてこともありませんし、本当にこれは個人的な好みの問題になりますね。

 

最初はおそるおそるだったけれど、いざお願いしてみたら思いのほか仕上がりが可愛くてそれから、はまってしまったなんて方もいるみたいですから、お洒落のためにも、愛犬への愛情表現のつもりで試してみてはいかがでしょうか?ファッションやアクセサリー重視のサロンを多く点在しています。モデルもわんちゃんを参考にして、どんな風に仕上がるのか調べてみるのも面白いかもしれませんね。お店によって仕上がりの雰囲気も違うので、自分の好みに合ったお洒落で可愛くトリミングしてくれるお気に入りのサロンを探してみてください。

 

近年では、そんな風に着飾ったわんちゃん達をメインに取り扱った雑誌やメディアも増えてきていますので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?